ニュース

アルミ製ジャッキの試験機器の開発

以前、お客様より、引き合いがありました、ジャッキ・試験装置の開発についてお話しいたします。。

当社でアルミ製のジャッキを製作することになりまして、さらにそれの試験装置の開発のご依頼を頂きました。
「偏荷重がかかっても良いように」とのことでしたので、色々と試験機を工夫することとなりました。

要求としましては、「24時間耐久でも試験をしたい」とのこと。(*゜ー゜)(*。_。)フムフム
もう一つは「データロガーを付ける事」。

…データロガーかあ…これ、付けると高くなるんだよなあ。(゜д゜;)ゴクリ…
まいったなあ~~…。
お客様に相談をしましたら、データロガーは貸して頂けるとの事。
うん、これなら、なんとかなってくるのかな~~~?

というわけで設計開始。
フム~~~!なんとか設計し、片側6個、両側で軽12個の試験ができる装置を作りました。ε-(´∇`)

と、そこから変更箇所が。
最初の打ち合わせでは、偏荷重の1°だったものが、突然 打ち合わせ変更に。
「角度3°に」ということになりました。

角度3°…………!!!!Σ(@_@;)
数字だけで見ると大した変更ではないように思えるのですが、これが結構困ったことに。
中間の連結棒が、なんと当たってしまうようになったのです。
ヒェ―――――(((´оωо`;)))―――――!!
これには、困りました。軸の径を4mmほどなんとか細くしました。
また、一部の部品については支給だったのですが、治具のコストに関しても言われておりまして、これはもう使うことが出来ません。
今回は身銭を切って、当社で製作しました。(ノ_・。)グスン
なんとか治具を完成させ、いよいよ電気に入ります。

と、電気に入る前に、まずはお借りしたデータロガーについてちゃんと調べなければ。
そんなわけで早速、データロガーについてマニュアルと格闘です。

フムフム…………( -人-).。oO(・・・・・・・)
ン--------(;-`ω´-)
エ――――ΣΣ(゜☐゜;)――――!!

なんとなんと、スタート信号を入れる事ができない~~~~!?
どうしよう、スタート信号が入れられないと、位相がずれちゃうよ………!!!どうしよう!!
そんなこんなで、またまた考えることに。

つづきはこちらへ


お問い合わせはこちらから

圧力試験機、カシメ機、振動試験機、油圧応用装置 等々の小型の計測・制御システムを設計・製造でお困りの方は問い合わせまでお声をおかけ下さい。
当社の技術がご相談をうけたまわります。

お問い合わせ
↑クリックでメール、お電話、FAXなどでのお問い合わせ方法ご案内のページへとびます。

どんな些細な事でもお電話・メール・FAXお気軽にお問い合わせ下さい。
サブコンテンツ

このページの先頭へ